ホーム > 知る > やまぐちの農・水・畜産物 > ゆめほっぺ
ゆめほっぺ

“屈指の甘さ、未体験の食感”かんきつ界のニューフェースに大注目!

ゆめほっぺ
 山口県オリジナル品種。山口県農林総合技術センター(旧大島柑きつ試験場)で「清見」と山口県原産の「吉浦ポンカン」を掛け合わせて、20年余の年月をかけて育成され、平成16年12月に商標登録されました。
 果実の大きさは180~200gと温州みかんの倍近く、近年人気の「デコポン」よりも糖度が高く甘いのが自慢です! 食感はプチプチとはじけるような弾力が楽しめるほか、簡単に皮がむけて柔らかな中袋ごと食べられる手軽さも魅力。かんきつ界期待のニューフェースです。

ゆめほっぺ
【主な産地】
 周防大島町
 「ゆめほっぺ」の愛称で、平成16年12月から商標登録されています。
 出荷は温州みかんよりやや遅い3月上旬から4月中旬にかけて。“屈指の甘さ、未体験の食感”の「ゆめほっぺ」にご注目ください!

【保存方法】
 風通しがよく、涼しい場所で保存しましょう。