ホーム > 知る > やまぐちの農・水・畜産物 > いちご
いちご

年齢を問わず、みんなが好きな甘酸っぱさ。

イチゴ
 現在のいちごのルーツは、南米原産種と北米原産種がオランダで交配され、大粒品種になったもの。日本には江戸末期にオランダから伝えられました。

【選び方】
色鮮やかで光沢があり、形がしっかりとしたものを選びましょう。ヘタもみずみずしく緑が濃いもので、ヘタの周辺が白いものは熟し方が足りないので、選ぶ時はよく見ましょう。

イチゴの収穫
【出荷】
 ほどよい甘さと豊かな香りが特長の「いちご」。山口県内ではハウス栽培を中心に、12月から6月いっぱいまで出荷されます。主な品種は「とよのか」と「さちのか」。酸味と甘みのバランス、香りの良さが人気です。また最近では、いちごをテーブルの高さに植え付ける高設栽培の仕方が主流となり、より効率的にいちごの生産ができるようになりました。

いちごのマメ知識を見る