ぶちうま!やまぐち.net トップページへ
「知る」カテゴリ
「地産・地消」って?「まるごと」って?
やまぐちの農・水・畜産物
やまぐちの加工品
県産のおみやげ情報etc!
広報誌
地産・地消応援団
地産・地消News!
「味わう」カテゴリ
販売協力店
販売協力専門店
やまぐち木の店
やまぐち食彩店
県外・やまぐちの味
やまぐちブランド取扱店
お料理レシピ
「味わう」カテゴリ
やまぐち木の店
「楽しむ」カテゴリ
キャラクターと遊ぼう!
「サイト情報」カテゴリ
地域別情報一覧
リンク
サイトマップ
お問い合せ
HOME
山口県食品産業協議会
地産・地消は地元を愛する心が育てます。ぶちうま!やまぐちの農水産物

HOMEやまぐちの農・水・畜産物>11月の旬「タチウオ」

やまぐちの農・水・畜産物
農産物 水産物 畜産物 産地からの声
10月
タチウオ

やまぐちブランド
潤んだ目がチャームポイント。丸ごと食べて、栄養たっぷり!
 全身にうろこがなく、銀箔のような艶やかな光沢があり、とても細長い体型をしています。
 名前の由来は、その体型や色などが刀や剣に似ていることから「太刀魚」又は、海の中で頭を上にして体をくねらせながら泳いでるから「立ち魚(たちうお)」、となったという説があります。
 夜間になると餌となる小魚を求めて動きが活発になる魚です。両あごに鋭い歯を持っているため、取扱いには注意してください。
 体表の銀箔色の色素は、染料や銀箔に利用され、美味しさと豪華さを兼ねそろえた魚です。
【タチウオの栄養】
 血液中のコレステロール値を改善する脂肪酸や、歯や骨を丈夫にするカルシウムなどの吸収を助けるビタミンDを含んでいます。
【タチウオを選ぶポイント】
 銀色の箔に光沢があり、腹に張りがあるものを選びましょう。
【タチウオの料理法】
 新鮮なタチウオが手に入ったら刺身にするのがおすすめです!
 このほかにも、照焼き、塩焼き、南蛮漬けなどの和風から、フライ、ムニエルなどの洋風まで幅広い料理に向きます。
【主な漁場と漁法・水揚げ量】
 山口県ではタチウオは主に曳き縄釣漁業、底曳き網漁業で漁獲され、平成25年の漁獲量は194トンで全国12位となっています。
 内海東部を主な漁場とし、曳き縄釣り漁業で1尾づつ丁寧に漁獲された「タチウオ」を、山口県では「周防瀬戸の太刀魚」と命名しブランド化しており、県内外で販路拡大に取り組んでいます。

【栄養成分】
(「科学技術庁資源調査会編 五訂 日本食品標準成分表」より「タチウオ」100g当たり)
エネルギー
タンパク質
脂質
炭水
化物
ナトリウム
カルシウム
カリウム
リン
266
16.5
20.9
0
88
12
0.2
290
180
kcal
mg
mg
mg
mg
mg
ビタミンA
(カロチン)
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
食物
繊維
コレステロール
52
0.01
0.07
1
14
1.2
0
72
μg
mg
mg
mg
μg
mg
mg

今月の旬!は

はなっこりー美東ゴボウサバタチウオです。


水産物の旬カレンダー
やまぐちの甘だい
マグロ

シロウオ

メバル
マダイ
アオリイカ
アカエビ

瀬つきあじ
アユ

西京はも
周防瀬戸のタコ
ウニ
ケンサキイカ
サザエ
ウルメイワシ
サワラ
サバ
タチウオ
アンコウ
ヒラメ