ぶちうま!やまぐち.net トップページへ
「知る」カテゴリ
「地産・地消」って?「まるごと」って?
やまぐちの農・水・畜産物
やまぐちの加工品
県産のおみやげ情報etc!
広報誌
地産・地消応援団
地産・地消News!
「味わう」カテゴリ
販売協力店
販売協力専門店
やまぐち木の店
やまぐち食彩店
県外・やまぐちの味
やまぐちブランド取扱店
お料理レシピ
「楽しむ」カテゴリ
キャラクターと遊ぼう!
「サイト情報」カテゴリ
地域別情報一覧
リンク
サイトマップ
お問い合せ
HOME
山口県食品産業協議会
地産・地消は地元を愛する心が育てます。ぶちうま!やまぐちの農水産物

HOMEやまぐちの農・水・畜産物>10月の旬「ウルメイワシ」

やまぐちの農・水・畜産物
農産物 水産物 畜産物 産地からの声
10月
ウルメイワシ
潤んだ目がチャームポイント。丸ごと食べて、栄養たっぷり!

(写真:山口県水産研究センター提供)
 鮮度が落ちやすく、すぐに死んでしまう弱い魚として名が付いた「鰯(いわし)」。「ウルメ」は、その名の通り、目が潤んで見えることに由来します。
 ウルメイワシはイワシ類としては脂肪分が少ないため、主に「丸干し」など干物に加工されます。
【ウルメイワシの栄養】
 イワシ類は、血栓症や動脈硬化などの予防に効果的なDHAやEPA、タウリンをたっぷり含み、またカルシウムも豊富に含まれています。
【ウルメイワシの干物を選ぶポイント】
 背中が青黒く冴え、腹は白銀色で、全体的につやのあるものを選びましょう。
【ウルメイワシの水揚げ量】
 日本で主に漁獲されるイワシはマイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシがありますが、日本の全漁獲量の約半分を占めた大衆魚マイワシは、ここ数年水揚げ量が激減しています。
 山口県では、平成25年のイワシ類の漁獲量は合計で5,885トン。内訳はマイワシ96トン、ウルメイワシは868トン、カタクチイワシ4,630トンとなっています。
【主な漁場と漁法】
 県内では日本海側に広く生息していますが、主に下関市蓋井島沖、角島沖、萩市見島周辺で多く漁獲されています。
 漁法は敷網(しきあみ)漁法が一般的です。夕方から出漁し、夜間、あらかじめ船の上から海中に巨大な風呂敷状の網を張り、集魚灯と呼ばれる船の上のライトを照らすとともに水中灯とよばれるライトを海中に入れ、光でイワシを網に誘導します。十分、ウルメイワシが集まったところで、網を絞り込み漁獲します。
漁獲したウルメイワシは、鮮度を保つため、直ちに氷と海水を入れた船の活間(いけま)に入れ、明け方の市場に水揚げします。

【栄養成分】
(「科学技術庁資源調査会編 五訂 日本食品標準成分表」より「ウルメイワシ丸干し」100g当たり)
エネルギー
タンパク質
脂質
炭水
化物
ナトリウム
カルシウム
カリウム
リン
239
45.0
5.1
0.3
2,300
570
4.5
820
910
kcal
mg
mg
mg
mg
mg
ビタミンA
(カロチン)
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
食物
繊維
コレステロール
0
0.25
0.43
Tr
8
0.1
0
220
μg
mg
mg
mg
μg
mg
mg
※Tr:微量

今月の旬!は

新米西条柿ウルメイワシサワラです。


水産物の旬カレンダー
やまぐちの甘だい
マグロ

シロウオ

メバル
マダイ
アオリイカ
アカエビ

瀬つきあじ
アユ

西京はも
周防瀬戸のタコ
ウニ
ケンサキイカ
サザエ
ウルメイワシ
サワラ
サバ
タチウオ
アンコウ
ヒラメ