ぶちうま!やまぐち.net トップページへ
「知る」カテゴリ
「地産・地消」って?「まるごと」って?
やまぐちの農・水・畜産物
やまぐちの加工品
県産のおみやげ情報etc!
広報誌
地産・地消応援団
地産・地消News!
「味わう」カテゴリ
販売協力店
販売協力専門店
やまぐち木の店
やまぐち食彩店
県外・やまぐちの味
やまぐちブランド取扱店
お料理レシピ
「味わう」カテゴリ
やまぐち木の店
「楽しむ」カテゴリ
キャラクターと遊ぼう!
「サイト情報」カテゴリ
地域別情報一覧
リンク
サイトマップ
お問い合せ
HOME
山口県食品産業協議会
地産・地消は地元を愛する心が育てます。ぶちうま!やまぐちの農水産物

HOME「地産・地消」って?「ぶちうま」って?>「地産・地消」って?

やまぐちの農・水・畜産物
「地産・地消」って? 「まるごと」って? 今年度の取組み 委員会構成名簿
 

山口県では、県内の身近な農林水産物を県内で消費するいわゆる「地産・地消」の取組みを進めています。

この取組みの中で、私たちは、「地産地消」と言う言葉を「地産」と「地消」の間に「・」を置いて 、「地産・地消」という言葉で使っています。(発音は一緒ですが…。)

日本の経済が急激に成長し、効率性が追求される中で、農林水産物も効率性を優先した大量生産、大量消費へと向かい「生産者はただ単に生産して販売し、消費者は財布の紐を解いて消費を繰り返す」お互いの顔が見えない生産と消費が、繰り返されてきたのではないかと思います。

この味気ない繰り返しが、生産と消費の間に大きな溝、言うなれば「心の溝」を作ってしまったのではないでしょうか。

「心の溝」を埋めるためには、単に農林水産物を生産して流通販売し、消費するのではなく、生産者と消費者、流通・加工関係者などがお互いに信頼関係を築き、協働しながら生産と消費の間に「おいしく作る、安全に作る」や「安心して食べられる」といった「心の循環」が創られていくような取組みを進めることが重要だと考えます。そしてより多くの皆様の「地元を愛する心」が重なり合って、はじめて「地産・地消」は山口県に定着していくのではないでしょうか。

 
 

生産と消費の間の「心の溝」は、信頼、協働、循環、さらには、多くの皆様の「愛」によって初めて埋めることができ生産と消費は強く結びつくのではないかと思います。

ですから、「地産・地消」なのです。
皆様は、どのような行動や言葉で生産と消費の間の「心の溝」を埋めますか。