ぶちうま!やまぐち.net トップページへ
「知る」カテゴリ
「地産・地消」って?「まるごと」って?
やまぐちの農・水・畜産物
やまぐちの加工品
県産のおみやげ情報etc!
広報誌
地産・地消応援団
地産・地消News!
「味わう」カテゴリ
販売協力店
販売協力専門店
やまぐち木の店
やまぐち食彩店
県外・やまぐちの味
やまぐちブランド取扱店
お料理レシピ
「楽しむ」カテゴリ
キャラクターと遊ぼう!
「サイト情報」カテゴリ
地域別情報一覧
リンク
サイトマップ
お問い合せ
HOME
山口県食品産業協議会
地産・地消は地元を愛する心が育てます。ぶちうま!やまぐちの農水産物

HOMEやまぐちの農・水・畜産物>6月の旬「萩たまげなす」

やまぐちの農・水・畜産物
農産物 水産物 畜産物 産地からの声
6月
萩たまげなす
なすこさん
大きさも、美味しさも、こりゃたまげた!!

萩たまげなす 

 品種名は「田屋ナス」といい、長門市田屋地区でつくられたのがはじまりともいわれる山口県こだわり野菜。長さ約30cm、重さは500g以上で、普通のなすの3〜4本分くらいの大きさ。皮が薄く実がしっかりと詰まっており、柔らかくてきめ細やかな肉質が特徴です。

【選び方】色が濃くつややかで、実にハリがあるものを選びましょう。ヘタの部分のとげが固く尖っているのも新鮮な証拠です。

萩たまげなすの圃場【主な産地】萩市、長門市
 詳しい来歴は不明ですが、昭和初期〜40年代にかけて長門市の田屋地区でつくられており、そこから萩市に種が渡りました。30年ほど前までは盛んに生産が行われていましたが徐々に減少し、現在再び復活させようと、萩・長門の数件の農家が栽培しています。
 栽培方法は、ひとつひとつの実を太らせるため無駄な葉をすべて取り、主枝を2本にして養分を集中させるもので、6〜7月が収穫期間です。

【名前の由来】普通のなすの3〜4本分あろうかというその大きさから、「たまげる(びっくりする)」という意味で「萩たまげなす」と名付けられました。

【栄養成分】
(「株式会社 日本総合科学 食品検査報告書」より100g当たり)
エネルギー
タンパク質
脂質
炭水
化物
ナトリウム
カルシウム
カリウム
20
0.8
0.1
4.7
1
6
0.4
230
kcal
mg
mg
mg
mg
リン
ビタミンA
(カロチン)
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンE
食物
繊維
16
29
0.03
0.03
1
0.1
1.7
mg
μg
mg
mg
mg
mg

【食べ方】たまげなすの肉厚や柔らかさを充分に堪能するなら、田楽や焼きなすがオススメですよ!

「アイデア料理コンテストレシピ」を見る(「全農やまぐち」ホームページ)
「プロの料理人によるレシピNo.3」を見る
「プロの料理人によるレシピNo.10」を見る

今月の旬!は

ゆめほっぺ 垢田トマトメバルマダイです。


農産物の旬カレンダー
温州ミカン
ブロッコリー
白ネギ

いちご
アスパラガス
プチソレイユ(花)

ゆめほっぺ
垢田トマト
夏みかん
カーネーション(花)
萩たまげなす
千石台ダイコン
山口あぶトマト
たまねぎ
白オクラ
じゃがいも
長門ゆずきち
ナシ
新米
西条柿
はなっこりー
美東ゴボウ
岩国レンコン
ニンジン